小谷城の歴史を簡単にわかりやすく!地図やアクセス情報も!

   

スポンサーリンク

浅井長政の居城として知られる「小谷城(おだにじょう)」。

 

小谷城は、日本五大山城のひとつに数えられている、堅固な山城でした。

 

しかし、織田信長に4年に渡って攻められた小谷城の戦いにより、小谷城は落城し、浅井長政、父・久政は自害、浅井家は滅亡してしまうのです。

 

そんな悲劇のあった「小谷城」ですが、どのような歴史があったのでしょうか?

 

今回は、小谷城の歴史を簡単にわかりやすくまとめてみますね。

 

また、地図やアクセス情報も合わせてお伝えします。

 

どうぞ、ごゆっくりお楽しみくださいね。

 

小谷城の基本データ

まずは、小谷城を簡単におさらいしてみましょうね。^^

 

以下に簡単にまとめてみましたよ。

 

小谷城の基本データ

小谷城の基本データはこんな感じです。^^

別名 小谷城
城の構造 梯郭式山城
天守の構造 二層の天守が推定されるが、詳細は不明
建てた人 浅井亮政
直した人 浅井氏
建てた年 1516年(永正13年)
主な城主 浅井氏、豊臣秀吉
廃城年 1575年(天正3年)
遺構 曲輪、堀切、土塁,石垣、縦堀、礎石、虎口

出典:wikipedia

 

小谷城の勲章

小谷城は、小谷城跡として、国の史跡に指定されています。

 

また、日本の100名城にも指定されています。

 

 

そして、小谷城は、日本五大山城にも選ばれているのです。

 

日本五大山城とは、以下の5つの山城のことです。

 

  • 春日山城(越後:上杉謙信)
  • 月山富田城(出雲:尼子経久)
  • 観音寺城(近江:六角義賢)
  • 小谷城(近江:浅井長政)
  • 七尾城(能登:畠山義綱)

()内は、国と主な城主

 

小谷城の歴史とは?

それでは、小谷城の歴史を簡単にわかりやすくまとめてみました。^^

 

小谷城の築城はいつ?誰が建てたのか?

(小谷城跡 出典:wikipedia

小谷城はいつ出来て、誰が建てたのでしょうか?

 

浅井三代記によると、1516年(永正13年)に築城されたらしいですが、これには、諸説あって、今では、1523年(大永3年)から1524年(大永4年)とする説が有力だそうです。

 

建てたのは、浅井家初代当主である「浅井亮政(すけまさ)」だと伝わっています。

 

ちなみに、浅井亮政は、浅井長政のおじいさんにあたる人ですよ。^^

 

 小谷城の歴史

スポンサーリンク

浅井亮政は、もともとは、北近江の守護・京極氏の家臣でした。

 

世は、戦国のはじまりの時期で、下剋上の始まりでもありました。

 

浅井亮政は、京極氏の世継ぎ問題を解決し、京極家中において、実権を握るまでになったのです。

 

京極氏をおさえ、実質的な北近江の覇者となったのです。

 

そして、南近江の守護であった六角氏と対立するのでした。

 

このころに、浅井亮政は、「小谷城」を築城したのではないかと言われているのです。

 

実質的な北近江の覇者となった亮政ですが、京極氏の恨みは尾を引き、亮政が亡くなるまで、京極氏とは対立していたのでした。

 

(浅井久政 出典:wikipedia

亮政の後を継いだ2代・浅井久政ですが、六角氏と互角に渡り歩いていた亮政でしたが、久政の代には、六角氏に臣従してしまうのです。

 

浅井家の勢力も少しずつ衰え出していきます。

 

久政は、久政で、なんとか浅井家を守るため、六角氏に臣従していたのです。

 

そして、久政の後を継いだ、3代・浅井長政が登場します。

 

(浅井長政 出典:wikipedia

 

長政は、父・久政の弱腰の姿が気に入らず、久政を追放してしまうのです。家臣たちもそれを迎え入れ、その勢いで、とうとう、六角氏と互角に渡り合うまでに盛り返してきたのです。

 

ですが、長政が小谷城を堅固なものとしていくうちに、織田信長に目をつけられてしまうのです。

 

それは、北近江という京に上るために有利な場所だからでした。

 

信長は、長政と妹・お市の方を結婚させ、浅井家と同盟を結び、京に上ることに成功したのです。

 

しかし、信長が長政との約束を破り、盟友・朝倉義景を攻め出したことから、浅井長政の動向にも暗雲がたちこめてくるのです。

 

信長よりも、盟友である朝倉義景との絆をとった長政は、信長を裏切り、朝倉義景とともに、信長を攻めることを決断するのです。

 

その後は、信長との戦いに明け暮れる毎日でした。

 

そして、姉川の戦いで、浅井長政は大きな痛手を負ってしまうのです。

姉川の戦いとは?合戦の場所は?地図で布陣図もわかりやすく解説!

 

さらに、一乗谷の戦いによって、盟友・朝倉義景は自害し、朝倉家は滅亡。

 

そして、とうとう、信長が小谷城まで攻めてきて、「小谷城の戦い」により、長政の自害してしまうのです。

 

これにより、浅井家も滅亡してしまうのです。T-T

小谷城の戦いとは?浅井長政最後の決戦!その後も分かりやすく!

 

その後、恩賞として木下藤吉郎秀吉(後の豊臣秀吉)に、北近江の3郡が与えられました。

 

そのうち、琵琶湖から離れた山城である小谷城を秀吉は嫌い、琵琶湖に近い場所に新たに城を築き、そこを北近江の拠点としたのです。これが、長浜城です。

 

そのため、小谷城は、廃城となってしまうのでした。

 

小谷城の構成

(小谷城跡絵図 出典:wikipedia

 

小谷城は、標高495mある小谷山に築かれた城です。

 

その小谷城を囲むように、前面には虎御前山・山脇山・丁野山、西には高時川、背後には伊吹山があり、要害の山城だったのです。

 

小谷城には、本丸を中心とする主郭と武家屋敷が並ぶ清水谷(きよみずだに)、そして、それらを守るように築かれた出丸・金吾丸・大嶽城・月所丸・焼尾丸・福寿丸・山崎丸の独立した砦群から構成されるのです。

 

小谷城跡の地図とアクセス情報

それでは、小谷城跡の場所やアクセス方法、気になる駐車場などをわかりやすく、まとめてご紹介します。

 

住所 〒529-0313 滋賀県長浜市湖北町伊部
交通アクセス 【電車】

JR 北陸本線 河毛駅
湖北町タウンバス 小谷山線 小谷城址口 下車

貸し自転車あり

【車】

北陸自動車道 小谷城スマートIC → 国道365号 → 伊部林道

【徒歩】

  • 河毛駅より徒歩約25分程度で登山口へ
  • 登山口から本丸曲輪部分へは徒歩約25分 (道は岩が多く歩きづらい。)
駐車場 山腹に無料駐車スペース有
入場料 無料

 

<MAP>

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、浅井家の居城「小谷城」の歴史についてご紹介しました。

 

織田信長に破れ、廃城となってしまった「小谷城」ですが、浅井家の息吹を感じに、小谷城跡へぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに、小谷城跡は、熊出没注意だそうなので、くれぐれもご注意を。^^;

 

それでは、今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

【関連記事】

浅井長政の城や家紋は?お市・織田信長との関係は?娘や子孫は?

 

スポンサーリンク


 - 城郭・寺社