現存天守閣のある12城とは?写真とデータで簡単解説!

      2017/09/10

スポンサーリンク

 

現在に伝わる、「現存天守(閣)」の12城ってご存知でしょうか?

 

1940年代ころまでは、現存天守20城だったそうですが、太平洋戦争によって、焼失してしまい、残ったのが、現在の12城だということです。

 

 

では、その12城ってどのお城なんでしょうか?写真とデータで簡単にわかりやすくまとめてみましたよ。^^

 

 

現存天守12城とは?

現存天守は、戦国時代から江戸時代に築かれた天守のうち、現在まで保存されている天守のことを指します。

 

その現存天守が12城あります。それが、以下のお城たちになりますよ。^^

 

ちなみに、松本城、犬山城、彦根城、姫路城、松江城の5城を国宝5城と呼んでいて、非常に価値の高いお城になっていますね。

 

  • 弘前城
  • 松本城(国宝)
  • 丸岡城
  • 犬山城(国宝)
  • 彦根城(国宝)
  • 姫路城(国宝・世界遺産)
  • 松江城(国宝)
  • 備中松山城
  • 丸亀城
  • 松山城
  • 宇和島城
  • 高知城

 

ちなみに、現存天守20城だったころの残り8城は、以下のお城たちでした。

 

  • 水戸城
  • 大垣城
  • 名古屋城
  • 和歌山城
  • 岡山城
  • 福山城
  • 広島城
  • 松前城

 

現存天守12城を写真とデータで簡単に

それでは、現存天守12城について、写真とデータで簡単にまとめてみましたので、ごゆっくりご覧下さいませ。^^

 

尚、天守の構造については、こちらでお勉強すると、より理解が深まると思いますよ。^^

天守閣の意味とは?いつからあるの?構造もわかりやすく解説

 

弘前城

所在地 青森県弘前市
築城~廃城 1611年(慶長16年)築城 – 1871年(明治4年)廃城
天守建造年 1810年(文化7年)
築城者 津軽為信、津軽信枚
改修者 津軽寧親
文化財指定 史跡、重要文化財9棟
天守構造 独立式層塔型天守

3重3階

日本最北かつ最東端の地にある天守

出典:wikipedia

【関連記事】

弘前城の天守閣がすごい!歴史やアクセス情報も簡単にわかりやすく!

 

松本城

所在地 長野県松本市
築城~廃城 1593年(文禄2年)〜1594年(文禄3年)築城 – 1871年(明治4年)廃城
天守建造年 大天守は1615年(慶長20年)

乾小天守は1591年(天正19年) – 1592年(文禄元年)建造という説あり

築城者 石川数正、石川康長
改修者 松平直政
文化財指定 史跡、国宝5棟
天守構造 複合連結式天守

大天守:層塔型5重6階

乾小天守:3重4階

2重の辰巳附櫓と月見櫓

出典:wikipedia

 

丸岡城

所在地 福井県坂井市
築城~廃城 1576年(天正4年)築城 – 1871年(明治4年)廃城
天守建造年 不明
築城者 柴田勝豊
改修者 不明
文化財指定 重要文化財1棟
天守構造 独立式望楼型天守

2重3階

最古の現存天守

出典:wikipedia

 

犬山城

所在地 愛知県犬山市
築城~廃城 1469年(文明元年)築城 – 1871年(明治4年)廃城
天守建造年 1601年(慶長6年)
築城者 織田広近
改修者 織田信康
文化財指定 国宝1棟
天守構造 複合式望楼型天守

3重4階地下2階

出典:wikipedia

 

スポンサーリンク

彦根城

所在地 滋賀県彦根市
築城~廃城 1622年(元和8年)築城 – 1874年(明治7年)廃城
天守建造年 1606年(慶長11年)
築城者 井伊直継
改修者 なし
文化財指定 特別史跡、国宝2棟・重要文化財5棟
天守構造 複合式望楼型天守

3重3階地下1階

出典:wikipedia

【関連記事】

彦根城の歴史を簡単にわかりやすく!見所やアクセス情報も!

 

姫路城

所在地 兵庫県姫路市
築城~廃城 1346年(正平元年/貞和2年)築城 – 1871年(明治4年)廃城
天守建造年 1601年(慶長6年)
築城者 赤松貞範
改修者 黒田(官兵衛)孝高、池田輝政
文化財指定 世界遺産

特別史跡、国宝8棟、重要文化財74棟

天守構造 連立式天守

大天守:望楼型5重6階地下1階

小天守:3重

3基を2重の多聞櫓で連結

日本国内最大の現存天守

出典:wikipedia

 

松江城

所在地 島根県松江市
築城~廃城 1611年(慶長16年)築城 – 1871年(明治4年)廃城
天守建造年 1607年(慶長12年)
築城者 堀尾吉晴
改修者 京極忠高
文化財指定 史跡、国宝1棟
天守構造 複合式望楼型天守

5重6階

出典:wikipedia

 

備中松山城

所在地 岡山県高梁市
築城~廃城 1240年(仁治元年)築城 – 1874年(明治7年)廃城
天守建造年 1681年(天和元年)
築城者 秋葉重信
改修者 三村元親、水谷勝宗
文化財指定 史跡、重要文化財3棟
天守構造 複合式層塔型天守

2重2階

現存天守の中では最も規模が小さい

出典:wikipedia

 

丸亀城

所在地 香川県丸亀市
築城~廃城 (室町初期)1597年(慶長2年)築城 – 1871年(明治4年)廃城
天守建造年 1660年(万治3年)
築城者 (奈良元安)生駒親正
改修者 山崎家治、京極高和
文化財指定 史跡、重要文化財3棟
天守構造 独立式層塔型天守

3重3階

出典:wikipedia

 

松山城

(出典:wikipedia

所在地 愛媛県松山市
築城~廃城 1602年(慶長7年)築城 – 1873年(明治6年)廃城
天守建造年 1852年(嘉永5年)
築城者 加藤嘉明
改修者 松平勝善
文化財指定 史跡、重要文化財21棟
天守構造 連立式天守

大天守:層塔型3重3階地下1階

2重の小天守1基

2重櫓2基を多聞櫓で連結

出典:wikipedia

 

宇和島城

(出典:wikipedia

所在地 愛媛県宇和島市
築城~廃城 941年(天慶4年)築城 – 1871年(明治4年)廃城
天守建造年 1666年(寛文6年)
築城者 橘遠保
改修者 藤堂高虎、伊達宗利
文化財指定 史跡、重要文化財1棟
天守構造 独立式層塔型天守

3重3階

日本最南・最西端にある現存天守

出典:wikipedia

 

高知城

(出典:wikipedia

所在地 高知県高知市
築城~廃城 1603年(慶長8年)築城 – 1871年(明治4年)廃城
天守建造年 1747年(延享4年)
築城者 山内一豊
改修者 山内豊敷
文化財指定 史跡、重要文化財15棟
天守構造 独立式望楼型天守

4重6階

出典:wikipedia

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

現存天守12城について、写真とデータで簡単にわかりやすくお伝えしました。

 

日本人なら、お城の天守に魅了される人も多いと思います。

 

ぜひ、日本に現存する、江戸の息吹を感じに、現存天守12城を見に、足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

それでは、今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク


 - 城郭・寺社