姉川の戦いとは?合戦の場所は?地図で布陣図もわかりやすく解説!

      2017/10/15

スポンサーリンク

姉川の戦いって、どんな戦いだったのでしょうか?^^;

 

教科書にも出てくる合戦なので、名前くらいは知ってるって言う人も多いかもしれませんね。

 

今回は、姉川の戦いとして、その流れを分かりやすく簡単にまとめてみますね。

 

姉川の戦いの点へと結びつく、他の点にはどのような人物がいるのでしょうか?

 

早速、見ていきましょう。どうぞ、ごゆっくり。^^

 

姉川の戦いの点と線

歴史上の合戦を見ていく上で重要になるのが、その戦に関わった人と理由です。

 

ここでは、関わった人を「」として、理由を「線(流れ)」としてわかりやすく解説していきますね。^^

 

姉川の戦いに関わった人たち(点)

姉川の戦いってどんな合戦だったのかを解説する前に、主要な登場人物と人数を挙げておきましょう。

 

登場人物(点)を見るだけでも、なんとなく、どんな戦だったのかというイメージがつきやすいですので。

 

勝者のメンバーと人数は?

まず、勝者側ですが、姉川の戦いは、「織田信長・徳川家康の連合軍」の勝利となっています。

(織田信長 出典:wikipedia

 

連合軍の人数は、約2万5000人です。

 

■織田信長の主な武将たち

  • 柴田勝家
  • 佐久間信盛
  • 森可成
  • 丹羽長秀
  • 池田恒興
  • 佐々成政
  • 木下藤吉郎

 

■徳川家康の主な武将たち

  • 酒井忠次
  • 本多忠勝
  • 榊原康政
  • 石川数正

 

■旧美濃衆の主な武将たち

  • 稲葉良通(一鉄)
  • 氏家卜全
  • 斎藤利治

 

敗者のメンバーと人数は?

続いて、敗者を見てみましょう。

 

姉川の戦いでの、敗者は、「浅井長政・朝倉義景の連合軍」です。

(浅井長政 出典:wikipedia

 

連合軍の人数は、約1万3000人です。人数からも、劣勢だったことがわかりますね。^^;

 

■浅井長政の主な武将たち

  • 磯野員昌
  • 堀秀村
  • 阿閉貞征
  • 新庄直頼
  • 遠藤直経

 

■朝倉義景の主な武将たち

  • 朝倉景健
  • 真柄直隆
  • 真柄直澄

 

■六角氏

  • 六角義賢
  • 六角義氏

 

姉川の戦いが起きた理由とは?(線)

登場人物を見ていただいたので、次に、姉川の戦いが起きた理由を見ていきましょう。

 

織田信長は、美濃の斎藤氏を攻略することができず、やきもきしていました。

 

そんな折、北近江(現在の滋賀県北部)の浅井長政という人物を味方につければ、美濃攻略にも有利で、かつ、京にも上りやすいとわかり、浅井長政を味方にする策を考えるのでした。

 

そして、信長は、妹の「お市の方」を長政に嫁がせ、浅井家と姻戚関係、同盟関係を結び、見事、浅井家を味方にすることに成功したのです。

 

しかし、この時、浅井家側の盟友である「朝倉家」は、織田信長と敵対していました。

 

ですので、浅井家が信長と親しくなるのを快く思ってなかったのです。

 

というわけで、信長は、朝倉は攻めないと約束したうえで、「それなら!」と浅井長政は、織田との同盟に同意したのです。

 

こちらにも、そのあたりを書いてますので、よければご覧くださいね。^^

浅井長政の城や家紋は?お市・織田信長との関係は?娘や子孫は?

 

その後、織田信長は、足利義昭を連れて京に上り(上洛)、義昭を足利15代将軍にすることに成功するのです。

 

そして、信長は、朝倉氏を攻略するために、足利義昭の命令と称して、朝倉義景に上洛するように、再三に渡り、通達するのです。

 

しかし、この命令には、朝倉義景が拒否し続けてしまうのです。いくら足利義昭の命令と言っても、操っているのは、織田信長であることは明白で、従うことは、信長の軍門に下ることを意味していたのです。

 

ですから、織田と敵対していた朝倉氏は、拒否せざるを得なかったのです。^^;

 

このことがきっかけで、信長は、しびれを切らし、とうとう、浅井長政との約束であった、朝倉を攻めないということを破り朝倉義景を攻めることにしたのです。

 

そして、これを知った浅井長政は、信長を裏切り、朝倉義景とともに、信長と戦うことを選んでしまうのです。

 

長政は、信長の背後をつき、信長たちは、まさかの長政の裏切りのため、総崩れとなり、最大のピンチを迎えてしまうのです。

 

ですが、なんとか、難を逃れます。

 

そして、信長は、長政の裏切りに激怒し、浅井長政を滅ぼすべく、長政の居城である「小谷城」へと2万の兵を率いて向かったのです。

 

これが、姉川の戦いへとつながる流れなんですね。^^

 

姉川の戦いとは?

スポンサーリンク

合戦の場所は?地図と布陣図も

織田信長は、浅井長政の裏切りによって、ピンチを迎えました。

 

そして、信長は、このピンチを脱するため、同じく同盟関係であった、「徳川家康」に援軍を頼みます。

 

信長は、長政の居城「小谷城」を目指し、2万の軍勢で向かいます。

 

家康も、5000の兵を率いて、小谷城の麓、姉川の南岸へとかけつけます。

 

一方の浅井長政は、朝倉義景の援軍8000の兵とともに、姉川の北岸まで進みます。

 

この姉川をはさんで両者が激突することになるのです。

 

これが、姉川の戦いなのです。

 

元亀元年、1570年の6月28日にその戦いは行われました。^^;

 

場所は、現在の滋賀県長浜市姉川河原あたりとされています。

(姉川の戦い 古戦場 出典:wikipedia

 

地図で言うと、このあたりですね。^^

 

(姉川の戦い布陣図 出典:wikipedia

 

姉川をはさみ、浅井・朝倉連合軍、織田・徳川連合軍が激突します。

 

姉川の戦いはどうなったか?

最初は、両軍とも、にらみ合いでしたが、しかけたのは、徳川家康の家臣、徳川四天王のひとり、「榊原康政」でした。

 

家康は、浅井・朝倉連合軍が、縦に伸びて散らばっていることに気づき、榊原康政に、「横を突け!」と命令したためです。

 

この作戦は、成功し、浅井・朝倉連合軍は、横を突かれ、総崩れとなったのです。

 

これにより、浅井・朝倉連合軍は、大敗を喫し、討死した数、1000人以上(諸説有り)にも上ったとのことです。このとき、長政の弟・政之が討死しています。

 

この姉川の戦いで、姉川は、討死した武将たちの血で、真っ赤に染まったとのことです。

 

この戦いにより、浅井家は、家族や優秀な家臣たちを失い、急速に勢力が弱まっていきます。

 

そして、いよいよ、浅井家滅亡へとつながる、「小谷城の戦い」へと流れていくのです。

 

小谷城の戦いとは?浅井長政最後の決戦!その後も分かりやすく!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、浅井長政・朝倉義景の連合軍と織田信長・徳川家康の連合軍が激突した「姉川の戦い」について、わかりやすくまとめてみました。

 

姉川の戦いをきっかけに、浅井家は急速に勢いが弱まり、やがて、滅亡へと進んでしまい、残された、お市の方や娘たちは、数奇な運命をたどることになるのです。

 

それでは、今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

【関連記事】

浅井長政の城や家紋は?お市・織田信長との関係は?娘や子孫は?


 - 戦国時代, 浅井長政, 織田信長