吉野ヶ里遺跡のライトアップ「光の響」2017!期間とアクセスは?

   

スポンサーリンク

吉野ヶ里遺跡といえば、邪馬台国があったのではないかとされるところですね。

 

邪馬台国論争が巻き起こったきっかけとなった遺跡でもあり、かなり有名な遺跡です。^^

吉野ヶ里遺跡とは戦国顔負けの戦乱の場所?弥生時代のお城?

 

ですが、それ以上に、凄いことがある遺跡なんですね~。

 

それは、遺跡をなんとライトアップしてしまうイベントがあるんです。

 

12月の寒い時期に、花火を打ち上げたり、炎で熱気球を上げたり、まさに光と炎で熱くなるイベントなのです。

 

しかも、クリスマスイブにもやっているので、カップルやファミリーにも打って付けのイベントでもありますよ。

 

今回は、自然の中の光と炎のイベント「光の響」についてご紹介しますよ。

 

ぜひ、弥生時代にタイムスリップしたつもりになって、堪能してみてくださいね。^^

 

吉野ヶ里「光の響き」ライトアップイベントとは?

(出典:佐賀県観光情報サイト

 

光の響とは?

吉野ヶ里遺跡を管理している、吉野ヶ里歴史公園。

 

ここで、毎年12月に吉野ヶ里遺跡をライトアップするイベント「光の響(ひびき)」が開催されます。

 

2017年は、6回目を迎えます。

 

このイベントは、1年で一番夜が長く、春へと向かう日である「冬至」を祝うイベントなんだそうです。

 

季節はこれからが寒さの本番を迎える時期ですが、暦の上では、春へと着実に歩み始める記念すべき日ということなのでしょう。

 

ちなみに、2017年は、12月22日(金)が冬至とされています。

 

この冬至の訪れを、光と炎、そして音楽とともに演出されるライトアップでお祝いするイベントが「光の響」なんですね。

 

吉野ヶ里遺跡の環濠集落がキャンドルやかがり火でライトアップされ、暖かな光のコントラストは絶景です。

 

また、打ち上げ花火や熱気球などもあり、イベントは最高潮に盛り上がりますよ。

 

それでは、実際にどのようなイベントなのか見てみましょう。

 

光の響の日程は?

まずは日程ですが、2017年は、以下の通りとなっていますよ。

 

開催日時)

  • 平成29年12月 9日(
  • 平成29年12月10日(
  • 平成29年12月16日(
  • 平成29年12月17日(
  • 平成29年12月23日(
  • 平成29年12月24日(

計:6日間の開催になります。

 

開催時間)

  • 17:00 ~ 21:00 雨天中止

雨天時は中止になりますので、ご注意を。

 

光の響の開催場所は?

次にイベントが開催される場所ですが、以下の通りとなっています。

 

場所については、マップをご参考にしてくださいね。^^

 

開催場所)

  • 公園東口
  • 南内郭
  • 南のムラ

(公園マップ 出典:吉野ヶ里歴史公園公式サイト

 

 

入園料は?

入園料は、以下の通りです。

 

入園料)17:00以降

  • 大人   280円
  • 小中学生  40円
  • 65才以上 200円
  • 未就学児 無料

 

駐車場は?

駐車場は、東口に無料駐車場があります。

 

また、期間内は、臨時駐車場もあるそうですよ。^^

 

ちなみに、西口と北口の駐車場は17:00で閉まってしまうため、注意してくださいね。

 

 

イベント内容は?

スポンサーリンク

ライトアップ

(キャンドルのライトアップ 出典:吉野ヶ里歴史公園公式サイト

 

たくさんのキャンドルやかがり火で物見櫓や堀などがライトアップされます。

 

見事なキャンドルの絵は見ものです。

 

スターマイン(連発花火)

(物見櫓のバックに打ち上げられる花火 出典:吉野ヶ里歴史公園公式サイト

 

20:00スタートで、600発の花火が打ち上げられます。

 

冬の花火は夜空に映えますよね。

 

迫力ある花火ショーは圧巻ですね。

 

熱気球の夜間係留「ナイトグロー」

(熱気球 出典:吉野ヶ里歴史公園公式サイト

 

19:30~20:00の間、熱気球がバーナーの炎で照らし出され、夜空に浮かび上がる世界は幻想的ですね。

 

その他のイベント

体験型のイベントとして、「勾玉づくり」などがあるそうです。参加費は250円となっています。

 

また、いのししや鹿のオブジェもあり、探検気分も味わえますよ。^^

 

吉野ヶ里歴史公園へのアクセスは?

吉野ヶ里歴史公園へは、車と鉄道をご利用ください。

 

住所)

  • 佐賀県神埼郡吉野ヶ里町田手1843

 

アクセス)

  • 長崎自動車道 東脊振ICから約5分
  • JR吉野ヶ里歴史公園駅から徒歩で約15分

 

マップ)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、邪馬台国で有名な吉野ヶ里遺跡のライトアップイベントである「光の響」についてご紹介しました。

 

冬の夜空に光り輝くイルミネーションや打ち上げ花火は、いつもとは違う吉野ヶ里遺跡の顔を見せてくれることでしょう。

 

ぜひ、足を運んで見てはいかがでしょうか?

 

それでは、今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

【関連記事】

吉野ヶ里遺跡とは戦国顔負けの戦乱の場所?弥生時代のお城?

卑弥呼はなぜ邪馬台国をおさめ倭国の女王になったのか?


 - 古代, 祭り・行事・イベント